2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

私のCDラック

無料ブログはココログ

広告

« 太陽光発電工事 | トップページ | 5月の電気代収支 »

2013年5月 5日 (日)

太陽光発電・接続箱の配線ミス

 4/24に太陽光発電・売電の配線工事も終わり、5月に向け太陽光の発電量が多くなると期待していたのだが、なぜか発電量が伸びない。パワーコンディショナーの瞬間発電量を見ていると、晴れなのに良くても1.5kw位。パネルの向きが南ではなく南東と南西に分かれているが、定格3.02kwは無理としても、80%の2.5kw位にはなるのではないか?1日の発電量が10kwh程度では低すぎる。見積もり時のシュミレーション値には全く達しない。大赤字だ。疑問に思って、販売会社、メーカーに問い合わせてみたが、どちらも様子を見てとのことthink

 自宅で太陽光発電を行っている同僚などにも聞いてみたが、どうも我が家の発電量は少な過ぎるように思える。そこで、ネットで情報を集め、原因を探ってみることにした。ネット情報によると、発電量が少ない工事ミスの事例に、配線、接続箱関連のミスなどが記載されていた。我が家もそうかも?flair

そこで、接続箱を開けてみると

Setuzokubako_2



左側中央、太陽光パネルからの配線が死んでいる端子につながっていることを発見。販売会社に画像をメールすると、早速、翌日、修理をしてくれました。また、後日、損失を補償すると電話があり、発電実績に基づいて2,000円補填してくれました。(私が要求したわけではありません。念のため)。

その後、発電量は最高時、瞬間3.2kw、1日で20.8kwhとなり、安心good

こんなこともあるんですね。そのままにしておいたら、元も取れず大損害でした。反省点としては、県内の販売店から購入しておけばよかったと思いました。

« 太陽光発電工事 | トップページ | 5月の電気代収支 »

太陽光発電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1765286/53364212

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電・接続箱の配線ミス:

« 太陽光発電工事 | トップページ | 5月の電気代収支 »